ホルモンバランスについて

福岡市で産婦人科をお探しなら「荘田レディースクリニック」|HOME > ホルモンバランスについて

ホルモン分泌について

女性ホルモンは身体を健やかに保つために重要な働きを持っています。女性の身体は「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類のホルモンが大きく関与しており、月経周期がホルモンバランスの変化に大きく影響を与えています。

月経周期にみるホルモンバランスの変化

月経周期のなかで、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが交互に増減します。

エストロゲン 月経から排卵が起こるまでの間に分泌されるホルモン(卵胞期)
プロゲステロン 排卵してから次の月経が起こるまでの間に分泌される(黄体期)

妊娠中に気をつけるポイント

この2種類のホルモンバランスが正常な状態であれば問題ありませんが、ストレスなどによりホルモンの分泌量やサイクルが変わったり、加齢によりホルモン分泌が減少してしまったりすると、様々な不調を引き起こしてしまうことになります。

ホルモンバランスが乱れる要因

女性の身体はとても繊細で、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などちょっとしたことでもホルモンバランスは乱れてしまいます。

なぜホルモンバランスが乱れやすいかというと、女性ホルモンの分泌は脳(視床下部・下垂体)や神経からの指令で行われるからです。脳に負担がかかるようなことがあると、脳や神経は適切にホルモン分泌の指令を出せず、結果的にホルモンバランスが乱れてしまうのです。

ホルモンバランスが乱れるとどうなる?

ホルモンバランスが乱れると、以下のような不調を引き起こします。

生理不順
過少月経 月経血の量も少なく、2日以内で生理が終わってしまうこと。エストロゲンとプロゲステロンの分泌が少ないことにより起こるとされている。
頻発月経 生理周期が24日以内であること。エストロゲンの分泌が少なく十分に卵胞が発育しないまま排卵したり、プロゲステロンの分泌が不十分であったりすることが考えられる。
過多月経 8日以上出血が続くこと。子宮内膜症や子宮筋腫の疑いがある。
無月経 妊娠でないのに生理が3ヶ月以上もこないこと。強いストレスや過激なダイエットが原因とされる。排卵もしないのでエストロゲンの分泌も低下する。
生理痛
器質性月経困難症 子宮内膜症や子宮筋腫など子宮内や卵巣などに何らかの病気があるために起こります。病気の治療を行うことで症状は改善します。
機能性月経困難症 生理中は子宮の収縮が促すためにプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このプロスタグランジンは痛みや炎症を起こす働きがあるため、このホルモンが異常に分泌されると強い痛みを感じてしまいます。
不正出血
PMS(月経前症候群)
自律神経失調症
自律神経失調症
高プロラクチン血症 プロラクチンというホルモンが異常分泌する症状です。このプロラクチンは通常出産後の授乳期に分泌されるものであり、受精卵が着床しにくくなってしまいます。
黄体機能不全 プロゲステロンの分泌が減少することで、排卵後に子宮内膜を妊娠に適した状態に維持するのが困難になってしまいます。
排卵障害 排卵が行われない、または排卵できるような卵子の準備が整わない状態です。
更年期障害
肌荒れ・ニキビ

ホルモンバランスの改善のために

ホルモンバランスを改善するためには、乱れている原因を取り除くことが必要です。以下に当てはまる項目がある場合には、そこから改善をはじめましょう。

食生活の乱れ 運動不足 ストレス
毎日の食事はホルモンの分泌を促進させる働きを持ちます。栄養バランスを考えた規則正しい食事を心がけましょう。また、女性ホルモンの分泌に効果的なビタミンB6・Eと、女性ホルモンと同じ働きを持つ大豆イソフラボンは積極的に摂取しましょう。 運動は自律神経を活性化させ、ホルモンバランスを正常に整える働きをします。ウォーキングや散歩などでも十分効果はありますので、まずは身体を動かすことを心がけてみましょう。 ホルモンバランスを整えるには、毎日楽しいと思える生活を送ることが大切です。一日の中で楽しみを見つける、趣味に没頭するなど、ストレス発散方法を見つけてみましょう。

当クリニックでは、ホルモンバランスのチェックを行っています。基礎体温表をご持参いただければ、ホルモンバランスの乱れがないかをチェックしますので、ぜひご相談ください。また、ピルの処方も行っていますので、薬によるホルモンバランスの調整も可能です。ホルモンバランス治療を専門にする当院院長が診療いたします。

【ピルによるホルモンバランス治療】
ピルとは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが含まれている薬のことです。ピルの服用により、ホルモンバランスの正常な分泌を助けます。

■ピルの治療適用例
・生理周期を遅らせたい・早めたい場合
・生理不順を改善したい場合
・避妊を希望する場合
・ホルモンバランスの崩れによる身体の不調がある場合