初診について

福岡市で産婦人科をお探しなら「荘田レディースクリニック」|HOME > 初診について

初めて当クリニックを受診される方へ

初めての産婦人科では心配や不安はつきものです。分からないことはお気軽にご相談ください。

初診の流れ

1.受付 2.問診票に記入
受付
当クリニックは予約制ではありませんので、直接ご来院ください。診療時間いっぱいまで受け付けております。まずは、受付で健康保険証をご提出ください。
問診票に記入
初診の場合、受付を済ませたら「問診票」をお渡しします。症状などをできるだけ詳しくご記入ください。問診票には最終月経の開始日、今までにかかった病気や飲んでいる薬などの質問項目があります。
3.待合室 4.中待合
待合室
名前をお呼びするまで待合室でお待ちください。診療日によっては待ち時間が長いこともありますので、時間に余裕を持ってお越しください。待ち時間の目安については「混雑状況」のページをご参考にしてください。
中待合
診療に入る前に、こちらでお待ちいただくことがあります。
5.問診 6.更衣所
問診
問診票をもとに、ドクターが質問をします。お悩みをドクターにお伝えください。患者様もドクターも初対面です。多少の緊張もあるかと思いますので、症状などを書いたメモをお持ちいただくとスムーズです。
更衣所
内診などを行う際には、こちらでショーツをはずしていただきます。スカートの方はショーツのみで結構ですが汚れる可能性がありますので、腰上までまくります。ズボンの方はショーツ、ズボンをはずしてタオルを巻いておかけください。
7.診察・検査 8.ドクターからの説明
診察・検査
必要に応じて、さまざまな検査を行います。内診では、内診台にあがって膣内や子宮・卵巣を超音波検査や触診にて診察します。検査は痛いものではありませんが、慣れない内診台に上がるとどうしても力が入ってしまいます。力が抜けていたほうが診察がスムーズにいきますので、できるだけリラックスしましょう。痛かったら遠慮せずにおっしゃってください。
問診や検査で判断された病気などについてお伝えし(検査によっては後日結果が出るものもあります)、これからの治療方針を相談します。決定した治療法についてご説明いたしますので、不安なことや気になることがあれば、お伝えください。
9.受付、会計
診療費、保険証、お薬があれば処方箋をお渡しして、会計を終了いたします。

初診時の準備

持ち物
健康保険証 保険適応にならない場合がありますが、カルテを作る時に必要になります。
基礎体温表・月経周期や体調などをメモしておいた手帳 問診で必ず最終月経と月経周期をお尋ねしますので、確認しておいてください。最終月経がはっきりしないときはそのことをお伝えください。
筆記用具 当日は緊張のため、なかなかうまく質問できないものです。自分自身が不安に思っていることや疑問に思っていることをメモしておき、またドクターから聞いた説明は忘れないように書き記しておきましょう。
生理用のナプキン 内診を行う場合、内診後の消毒に使う消毒液がショーツにつくと落ちにくいです。また、なかには内診の刺激で少量出血する方もいらっしゃいます。当クリニックでも用意しておりますが、用心のために1~2個はご持参ください。

つわりがある方はキャンディーなど、ちょっと口にいれるものを持参したほうが良いかもしれません。

服装

服装基本的には脱ぎ着しやすい服装でお越しください。
・ガードルや補正下着など着脱に手間がかかるものは、避けたほうが良いかもしれません。
・体重を量ったり、ベッドに横になったり、内診台へあがったりと靴を脱ぐことが多いので、履きやすい靴でご来院ください。

ワンポイントアドバイス

『シャワーは不要』

内診があるからといって無駄毛を処理する必要はありません。受診前に神経質にシャワーなどで洗い流す必要もありません。診察前に洗浄すると、おりものなどを見るときに発見しづらいこともあります。

費用について

費用について不安な方は、事前にどれぐらいの費用がかかるかご相談ください。診療内容やそれぞれの方によって保険が適用されるか自費になるか、どこまで検査するかは異なります。妊娠に関する費用は保険適用にはなりません。また、他院にて行った検査データなどがあればご持参ください。同じ検査を省く目安になります。

費用の目安

保険適用で診療を行った場合は、3~8千円が目安となります。

こんな症状・お悩みがあったら迷わず受診してください

□生理が遅れている。妊娠しているかどうかわからない
□生理の異常が見られる
  月経痛・月経不順・月経周期の長短・月経期間が長い・経血量が多い など
□不正出血がある
  月経時以外の出血・性交後の出血・閉経後の出血・便や尿に血が混じる など
□生理前の症状がひどい
  月経前の7~10日間にわたり肩こり、頭痛、腹痛、体重の増加などの症状がある
□下腹部の痛み、下腹部の張り、腰痛がある
□外陰部のかゆみ、おりものの異常
  色や状態がいつもと違う・悪臭がする・おりものの量が多すぎる など
□外陰部の異常が見られる
  できもの、かぶれ、はれ、かゆみ など
□トイレが近い。残尿感・血尿がある
□性交時に痛みがある
□月経日をずらしたい
□避妊したい。避妊に失敗したようだ。

気軽にご相談ください他にも気になる症状やお悩みがありましたら受診してください。不妊相談・治療を希望される方は、生理中でも構いませんのでいつでもご相談ください。