生理不順について

  • TOP
  • 生理不順について

月経や不正出血のお悩みは婦人科へご相談ください

女性にとって月に一度やってくる生理(月経)は少しわずらわしいものかもしれませんが、妊娠・出産のために必要な、とても大切なものでもあります。しかし生理のシステムはとてもデリケート。ストレスや睡眠不足、極端なダイエットなどでホルモンバランスが乱れると、生理不順や不正出血につながります。

福岡市・天神の産婦人科「荘田レディースクリニック」では、そういった女性ならではのお悩み・症状を丁寧にお聞きして、お一人おひとりのライフスタイルに合わせた治療をご提案しています。ピルによる月経移動にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

月経や不正出血のお悩みは婦人科へご相談ください

生理不順でお悩みではありませんか?

  • 生理の症状が辛いけれど、我慢している
  • 生理周期が不安定で、避妊を失敗しないか心配……
  • 試験や旅行と生理が重なるのを避けたい!

このような、生理不順・症状のお悩みはありませんか?月経間隔があまりに長い場合、また月経痛がひどい場合には、将来の妊娠しやすさに影響することもあります。生理不順や症状が気になっている方は、ぜひお早めにご相談ください。大切な日と月経が重ならないようにずらす方法や、避妊に失敗した場合の緊急避妊法をご提案することも可能です。

月経の様子が変化していませんか?

更年期になるとホルモンバランスが変化し、月経にも変化が現れます。たとえばひどく落ち込む、汗・ほてりがひどいといった場合は、更年期症状かもしれません。また、それに伴ってトイレが近くなったり、尿漏れが気になったりする方もいらっしゃいます。無理をせず、楽な気持ちで試せる治療をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

不正出血について

生理のとき以外の出血を「不正出血」と呼びます。特に心配のない不正出血もありますが、何らかの疾患が原因で起こっている可能性も。不正出血の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

過度なストレスによるホルモンバランスの乱れ

不規則な生活・強いストレス・極端なダイエットなどが原因でホルモンバランスが乱れ、不正出血を起こすことがあります。ホルモンバランスが乱れると生理の仕組み(子宮内膜の増殖と剥離)がスムーズにできなくなり、出血が起きます。

排卵日の前後

排卵日の前後にみられる少量の出血は、子宮頸管から分泌される粘液に血が混じったもの。排卵直後は一時的にホルモンバランスが乱れるため、このような現象が起こります。これは特に心配のない不正出血で、通常は2~3日でおさまります。ただし出血量が生理以上に多い場合や、1週間たってもおさまらないような場合は別の原因も考えられますので、婦人科を受診するようにしましょう。

思春期や更年期

ホルモンバランスが乱れると、生理予定日の数日前から出血があり、生理が長引くことがあります。これはホルモンバランスの乱れによって生理のサイクルが崩れているため。思春期や更年期などに多くみられます。ただし、歯茎などの別の場所からも出血がある場合には、血液の疾患が原因の可能性もあります。

流産や切迫流産

2か月以上生理がなければ妊娠の可能性が考えられます。しかし、このような状況で腹痛を伴った不正出血が続くようであれば、流産や切迫流産、子宮外妊娠が疑われますので、速やかに産婦人科を受診しましょう。また、妊娠が成立する(着床する)ときにも不正出血を伴うことがあります。

何らかの疾患

子宮頸がんや子宮体がん、子宮頸管炎、膣炎、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらん、子宮内膜炎、子宮筋腫、子宮外妊娠など。その症状として不正出血が起きる疾患はたくさんあります。女性にとって不正出血は珍しいものではありませんが、こういった疾患が原因で起きている可能性もあるため、身体のサインを見逃さないようにしましょう。

月経移動について

結婚式や楽しみにしていた旅行、スポーツの大事な試合など、「どうしても生理と重なっては困る!」というときには、生理を遅らせる、または早めることが可能です。ピルを飲むことで月経を移動させることができますので、特別なご予定があるときはお早めにご相談ください。

生理を遅らせる

生理予定日の5日前にピルの服用を開始し、生理が重ならないようにしたい日の当日まで1日1錠飲み続けます。ピルを服用している間は生理が来ず、飲み終えてから2、3日~1週間以内に生理が来ます。ただし、移動させられるのは長くても10日ほどです。

生理日を移動させても、それ以降の生理周期が狂うことはありません。

生理を早める

生理5日目より服用開始して下さい。生理がきてほしい3日前に服用を中止します。服用中止して、2~3日後に生理がきます。最低でも、10~14日間程ピルを服用します。

この方法では、早めにピルを服用する必要があります。そのため、移動したい生理の1回前の生理がくるより前にご相談ください。

人工妊娠中絶について

中絶は、妊娠状態から人工的に流産させる方法です。中絶手術は、妊娠3ヶ月内(12週未満)に行わなければ、母体への負担が非常に大きくなります。
また、母体保護法により、妊娠22週を過ぎると中絶手術は受けられなくなります。  妊娠したかもと思ったら、早めに市販の妊娠検査薬で調べ、陰性の場合も不安が残るようならご来院ください。

中絶の一般的な流れ

人工妊娠中絶手術が受けられるのは妊娠22週未満(21週6日)までですが、12週未満であれば、人工的に陣痛を起こさずに手術を受けることができます。

※当院での中絶手術は、12週未満(11週6日)までの方となります。

当院での手術までの流れ(当院への受診は計3回となります。)

【1】術前検査

事前に来院し、週数の確認、術前の検査(血液検査・心電図など)、当日の流れをご説明いたします。同意書も必要となりますので、ご一緒にお渡しいたします。

【2】手術当日
同意書等の書類をご持参の上、ご来院下さい。当日の手術の流れは、術前検査の時にご案内致します。
【3】術後検査

約1週間後に術後の診察(超音波検査)を行います。

※詳しい内容はお問い合わせ下さい。

費用について

術前検査 5,000~10,000円程度
手術 80,000~100,000円 + 供養料1,000円
(週数により異なります。)
術後検査 4,000円

※詳しい内容はお問い合わせください。

ご希望の方は、ピル(経口避妊薬)の処方も行っておりますので、お気軽にお尋ねください。